ABOUT US

商舗・廊 村上邸の歴史

堀之内屋の歴史

​江戸時代の初期ごろに大洲藩内の堀之内(現在の大洲市若宮周辺)にて「堀之内屋」として商売を開業しました。伝聞等によると油などを販売していたと思われます。家督を継ぐ者(主に長男)は「長次郎」と名乗り後世に引き継いできました。堀之内屋5代目となる「源吾」氏が拠点を志保町(現在の肱南地区)へと移します。

建物の歴史

「商舗・廊 村上邸」の建物はその時に堀之内屋の新店舗として建造されました。その後「製蝋業」に乗り出し、当舗の正面に居宅兼ハゼの実の買い付け所、製蝋工場として「村上長次郎邸」を建造しました(現在のHOTEL NIPPONIA OKI棟)。正確な建造年はわかっていないのですが、170年前の江戸後期安政年間に製作された住宅地図に「堀之内屋源吾」邸が登場することや建築工法、建材の加工痕から安政年間に建造されたものとしております。

堀之内屋から村上へ

江戸時代は町人や農民には姓が与えられていませんでした。当時の戸籍の表記は、「堀之内屋」の「長次郎」さんということで「堀之内屋長次郎」でございました。5代目の「堀之内屋源吾」が肱南地区に移り住んだ頃から、戸籍台帳に「村上」姓が追加されております。これは大洲藩に対して何かしらの功績が認められたので姓を賜ったのではなかろうかと勝手に推測しております。よく「村上水軍と関係あるのですか」とご質問を頂戴しますが、恐らく関係はないと考えております。ちなみに村上家の家紋は「堀之内屋」の「内」の字をデフォルメしたデザインでございます。当舗のロゴマークは村上家の家紋を、後継者様にご許可をいただき使わせて頂いております。